香川県高松市 人形のあづま

吊るし飾り つるしかざり

吊るし飾り

吊るし飾りとは?

お雛様の横や天井などにお飾りいたします。つるされているものは、お子さんにとって勉強になるものがいっぱいで、食べ物は将来、食べ物に不自由しないように。赤色は、日本の代表的、伝統的な色。金魚もそうですね。最近は、お祝いにプレゼントされるご親戚の方が大変多くなりました。「市松人形」「わらべ人形」などの代わりになりつつあるかもしれません。

吊るし飾り

吊るし飾りについて

ひな祭りの際に、ひな段の両脇に着物や帯の布で作ったお飾りを、赤い糸でつるすという伊豆の稲取に江戸時代から伝わる風習があります。つるし飾りは、九州柳川地区では「さげもん」、山形酒田地区では「傘福」、伊豆稲取地区では「雛のつるし飾り」と呼ばれ、この三地区のみが歴史的な背景や、由来、文献等、つるし飾りの資料が現存しております。そのため、この三地区が『日本三大つるし飾り』と呼ばれております。

吊るし飾り

吊るし飾りのいわれ

手毬(てまり)・・・
家族の幸せ。人の輪。角がなく和やかな心。
でんでん太鼓・・・
子守唄に使います。よく眠れますように。
さるぼぼ・・・
厄が去る。
おくるみ・・・
風邪をひかないように。
巾着・・・
物やお金に不自由しないように。
本・・・
早く読み書きができますように。
金魚・・・
日本の魚。赤は魔除けの色。
座布団・・・
早くお座りができますように。
つばめ・・・
子孫繁栄。
うさぎ・・・
呪力があり神のお使いともいわれています。
団子・・・
食べ物に困らないように。

前のページへ戻る