香川県高松市 人形のあづま

鎧飾り よろいかざり

鎧飾り

鎧飾りとは?

端午の節句には、身を守る「お守り」として、鎧や兜を飾ります。現在でも、昔の武将によって奉納された甲冑(鎧・兜)が各地の神社仏閣にたくさん残っており、このような甲冑を参考にして、現代の鎧や兜は制作されています。
鎧飾り五月人形は、鎧を中心にした飾りで、一般的には、両側に弓太刀(弓と太刀の飾り)を添えて飾ります。豪華に飾りたい方にぴったりな、本格的な五月飾りです。

鎧飾り

鎧飾りの長所

  • 鎧の縅糸(おどしいと)には様々の色目があり、色合いが正面からよく見えて、とても綺麗です。
  • 飾りが大きいため、豪華に飾れてとても見栄えがします。
鎧飾り

鎧飾りの短所

  • 飾りが大きいため、広い飾り場所や収納スペースが必要です。
  • 鎧の出し入れに、手間と時間がかかります。
  • 顔当て(面頬)が付いているので、子供が怖がることがあります。
鎧飾り

鎧飾りの設置期間

五月人形を飾る時期は、3月21日頃から5月5日までが多いようです。初節句の年は、できるだけ長く飾りたいので、少し早めに飾ってもいいと思います。また、五月人形を飾る場所は、本来なら床の間なのですが、マンションなど、床の間のない家も多いので、最近では、リビングなどに飾る方も多いようです。その場合は、日当たりの良い場所や北向きに飾るのは避けた方がいいと思います。

鎧飾り

鎧飾りの片付け方

天気のいい日に片付けましょう。筆などでほこりや汚れを除去し、金具は乾いた布でよくふき、ほこりや脂がメッキの上に残らないようにしてください。その後、柔らかい布や紙で軽く包み、汚れや破損・虫から守ります。強すぎると型崩れの原因になりますので注意してください。
最後に、ポリ袋に入れて密閉し、大敵である虫を防ぎます。

前のページへ戻る